ブログ閲覧者の掲示板です 8449

↓↓↓↓↓↓スポンサーリンク・ドメイン取得・今がチャンス↓↓↓↓↓↓



↓↓↓スポンサーリンク・キャッシュバック20000円・今がチャンス↓↓↓





【ココをクリックするとブログへ戻ります】



少子高齢化の影響が法曹界にも起きている

1:地球 :

2018/08/09 (Thu) 10:33:33

少子高齢化の影響が法曹界にも起きている!深刻な問題です。日大アメフト問題から現在、報道が過熱している日本ボクシング連盟の問題などは、実は告発された側の弁護士と告発した側の弁護士の問題なんです。年老いた弁護士にとって法廷闘争する仕事の依頼も少ないし、生活する為には法人の顧問弁護士を引き受けて収入を得る以外に収入の道がないのです。基本的に告発される側の弁護士が高齢で、告発する側の弁護士の方が若いのが普通です。一時期、政府は弁護士を増やす為の政策を実施しました。その結果、少子高齢化と相まって弁護士が増えすぎて現状に至っています。若い弁護士にも実は仕事が少ないのです。その結果、皆さんもご存じの通り、本来の弁護士の仕事である法廷闘争が少ないので、弁護士たちは生き残る為に弁護士法人を作って過払い金返還の相談とかB型肝炎支給金の相談など本来の業務とは違う分野に手を広げて生きる道を模索しているのです。ここで政府に提案します!弁護士に定年制度を設けて下さい!たったそれだけで今回のような日本ボクシング協会などの醜い問題は減少すると思います

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.